上履きって皆同じでシンプルで真っ白なので、つまらないですよね。

学生は、制服を着崩したり髪型を変えたりして個性を出すように、上履きでも個性を出したい、皆と違ったものがいい、と思ったことはありませんか。

シンプルで皆んな同じな上履きを変えるには、どのようなものがおすすめなのでしょうか。

そこで今回は上履きをでこる書き方ややり方を調べました。

上履き デコ 書き方 やり方

上履きデコとは

子供が学校や幼稚園で使用する無地の白い上履きに、キャラクターのイラストや刺繍などでデコレーションした上履きのことです。

デコレーション上履きの略で、上履きデコと言っています。

上履きデコは特に、上履きの指定のない幼稚園児の間で流行しています。

材料

上履き、タオル、トレーシングペーパー、油性ペン、アクリル絵の具、鉛筆です。

トレーシングペーパー以外は普段から家にあるもので用意できるので、材料も少なくて簡単にチャレンジできますね。

トレーシングペーパーにイラストを書く

上履きデコには、もともとある絵を貼ってつくる方法もあるのですが、今回は手書きでオリジナルデザインの上履きデコをする手順を紹介します。

まず、上履きに直接書くのではなく、トレーシングペーパーに鉛筆でイラストを書きます。

トレーシングペーパーは半透明なので透ける為、上履きに合わせてイラストの大きさを調整しながらかけて便利です。

上履きに先ほど書いたイラストを書く

タオルを上履きに詰めて書くとイラストが書きやすいのでおすすめです。

先ほどの下書きで書いたトレーシングペーパーを上において木べらやものさしなど平たいものですりつけると鉛筆が上履きに移るので転写できます。

転写できなかった部分は手書きで書き足して、おおまかな骨組みは完成です。

油性ペンでイラストの輪郭を書く

絵の具で色を塗ってから輪郭を書く方が綺麗にできるのですが、簡単にできるのは最初に輪郭を書いてから絵の具で塗る方法です。

お好みで自分の好きなように手順は変えてよいです。

アクリル絵の具で色を塗る

絵の具は水で薄め過ぎてしまうとにじむので、注意が必要です。

あまり薄め過ぎないようにしてください。

絵の具が乾いたらもう一度輪郭を油性ペンでなぞるので、このときは多少線がつぶれても大丈夫です。

つぶれた輪郭を油性ペンで→完成

後は絵の具が乾いたら、先ほど塗りつぶしてしまった輪郭部分をもう一度油性ペンでなぞれば綺麗な仕上がりになります。

後は、すべて完璧に乾かして完成です。

スポンサードリンク

まとめ

上履きをデコる時のデコり方や書き方を紹介しましたがいかがでしたか。これをみて、上履きをデコってみたくなったでしょうか。今回紹介した方法は自分でもわりと簡単にできる方法なので、参考にしてシンプルな上履きをおしゃれにデコってみてください。デコる前には、学校でデコるのがよくないとされるところもあると思いますのできちんと確認してから書き始めましょうね。

スポンサードリンク