ママたちが学生だった頃、写真やポスターにイラストやコメントを描く際、ポスカを使っていた記憶はありませんか?

POSCAとアルファベットで記載したほうがわかるかもしれませんね。

今回は、懐かしのポスカを使ったデコをご紹介します。

デコをするのは、子どもたちが毎日使う上履きです。

ポスカには、メタリック、蛍光、シャイニー、パステル、ラメ入り、メタリックなど種類が豊富です。

また、太さも極細、細字、中字、太字、極太と様々ありますので、描くキャラクターやデザインによって使い分け可能です。

ポスカの成分は水性ですが、特殊インクでできており、乾くと耐水性が表れます。

にじまないので、上履きに描くのに最適ですよ。

アクリル絵の具と上履き

アクリル絵の具とキャンバス生地との相性は良く、簡単には落ちません。

水洗いが必要な子ども製品にはぴったりですね。

では、上履きに使用する方法をご紹介します。

上履きに下書きをします。

4Bなどの濃い鉛筆がおすすめです。

キャラクターを描きたい場合は、カーボン紙で写しても良いと思います。

色を薄くする部分からアクリル絵の具を塗っていきます。

にじんでしまいますので、水は少なめにしてくださいね。

最後にポスカの黒でふちどりをすると、くっきり浮かび上がります。

色を重ねて塗りたい場合は、ドライヤーでしっかり乾かしてから塗り重ねると、きれいに仕上がります。

 ポスカとプラバンでオシャレ度アップな上履きに

上履き デコ アクリル 絵の具 ポスカ

プラバンでオリジナルのイラストや名前を描き、お友達とはひと味違う上履きを作ってみましょう。

まずは、プラバン、ポスカ、はさみ、穴あきパンチを用意します。

1、プラバンを好きな形にカット。

リボンやハート柄が作りやすいでしょうか。

2、上履きに縫い付ける際の穴をパンチで2、3か所あける。

3、表面を太字(もしくは極太)で塗りつぶして乾かす。

4、乾いたら裏面に中字で模様や名前を描く。

5、温めたオーブントースターにアルミを敷き、焼きます。

プラバンが縮んだら取り出します。

(熱いので注意!)

6、熱に強い重しで、平らに軽く押さえます。

7、プラバンにあけた穴と、上履きを縫い付けて完成です。

スポンサードリンク

まとめ

懐かしのポスカは、特殊インクで子ども用品のデコにぴったり。上履きとの相性が良いアクリル絵の具との両使いにもおすすめ。上履きに直接描くのも良し、プラバンを使うとワンランクアップの上履きができあがりました。ぜひお試しください。

スポンサードリンク